スクール約款

第1条(契約の成立)

1.受講申込者(以下「申込者」という)は、株式会社ホームステージング・ジャパン(以下HSJという)の運営するホームステージング・ホームステージャー養成学校のwebサイト(http://homestating.school)に掲載された講座詳細(以下「講座詳細」という)の内容及び以下の条項を承諾のうえ、HSJに対して受講の申込みを行い、HSJはこれを承諾します。以下、本項に定める受講に関する契約を「受講契約」といいます。

2.前項の定めにかかわらず、次の各号に掲げる事由に該当するときは、各要件を充たすことを条件として受講契約が成立するものとします。受講契約成立後、申込者は「受講生」となります。

(1)申込者が未成年であるときは、親権者の同意があること。

(2)納入金の支払いにクレジットを利用する場合は、クレジットの契約が成立すること。

(3)資格など受講条件のある講座にあっては、受講条件を充たしていること。

(4)HSJとの連絡に必要な受信可能な自己名義のメールアドレスを保有していること。

(5)その他各講座の講座詳細などに定められた条件を充たすこと。

 

第2条(拒否事由)

HSJは、次に定める事由の一つあるいは複数が認められるときは、申込みをお断りすることがあります。

(1) 申込者が、第1条第2項各号に掲げる要件を充たさず、あるいは充たさないおそれがあるとき。

(2) HSJ所定の期日までに受講費用、その他講座詳細に記載された金額を支払わなかったとき。

(3) 受講者がホームステージングの同業他社及びその関係者である場合。

(4) その他、HSJが不適当と認めたとき。

 

第3条(受講申込者の通知責任)

受講申込者は、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報を正しくHSJに伝え、変更が生じた場合には、その旨を速やかに通知してください。当校ではその情報を基に、教材等の発送、緊急時の対応等を行いますので、情報が不正確であったために受講申込者に不利益が生じた場合、HSJは責任を負いません。また、当校の管理の及ばない機器、システム、設定等の不具合により、受講申込者が当校からの案内が受領できなかった場合も、当校は責任を負いません。

 

第4条(講座の提供及び対価の支払)

1.HSJは受講生に対し、HSJの定める講座の中から、申込者が選択した講座内容の講座を提供します。

2.受講生は、HSJが定める受講明細に従い、募集要項に記載された受講の対価(以下「受講料等」といいます)を、HSJの指定する期日までに支払うものとします。

 

第5条(受講開始日)

申込者が選択した講座の講座詳細に受講開始日が定められている場合は、申込者の受講の有無にかかわらず、定められた日をもって受講開始日とします。

 

第6条(講座付随イベント等)

講座に付随してイベント及びセミナー等(以下「イベント等」という)がある場合、イベント等に参加する受講生は、参加に必要となる交通費、通信費等の必要経費については受講生自らの費用と責任において手配、負担するものとします。

 

第7条(受講期間)

受講期間は、受講生が選択した講座の講座詳細に記載された期間とします。なお、申込者は受講期間内においてのみ受講することができるものとします。また、受講契約の期間は申込日から受講修了日とします。

 

第8条(受講生による中途解約)

1.申込者ないし受講生は、受講申込日から8日間以内に限り、第9条に定める方法にしたがって、受講契約を解約することができるものとし、HSJは受領済みの受講料等を返還するものとします。

2.申込者ないし受講生は、受講申込日から8日間経過後であっても、第9条に定める方法にしたがって、受講契約を解約することができるものとします。なお、解約した場合において、HSJは、受領済みの受講料等から銀行振込手数料を控除した上で、残額を返金します。

開始日14日前まで:100%返金(振込手数料はご負担いただきます)

開始日10日前まで:70%返金

開始日7日前まで:50%返金

開始日6日前~前日(18:00まで):30%返金

開始日当日以降:返金不可

3.前項の規定にかかわらず、申込者ないし受講生は、受講開始日以降においては、受講契約を解約することはできません。

4.受講料等の返還に要する支払手数料等(受講生がクレジット等を利用した場合の、取消料等を含みます)は、受講生の負担とします。

 

 

第9条(解約の方法)前条による契約の解除は、受講生が契約を解除する旨を、

HSJが定める書式により、電子メールまたは書面を郵送する方法でHSJに提出す

ることにより、行うものとします。

 

第10条(役務を提供できないときの取り扱い)

HSJは、受講生の契約した講座が提供できないときは、可能な限り同一の条件による他の講座への振替を行うものとします。

 

第11条(著作物の利用)

1.受講生はHSJに対して、HSJのカリキュラムの一環として制作した画像、動画、音声等の著作物(以下「課題作品」といいます)の全部又は一部や、HSJ受講時の受講生の写真など、HSJの広報・業績・紹介目的での任意かつ無償の利用を非独占的に許諾します。その際、HSJは著作者の氏名の表示を省略するとともに、利用目的に必要な範囲において修正等することができるものとし、受講生はこれに異議を唱えないものとします。

2.受講生はHSJに対して、課題作品が第三者の著作権、商標権、特許権、肖像権、パブリシティ権その他一切の権利を侵害しないことを保証します。万一、課題作品につき第三者の権利を侵害するとして争いが生じた場合、受講生は自ら費用と責任においてこれを解決するものとします。

 

第16条(遵守義務)

1.受講生は、本約款、講師及びHSJのスタッフの指示や指導

を遵守するものとします。

2.受講生は、講座ないしHSJの運営に対して妨害となる行為、HSJを誹謗中傷する行為、その他公序良俗に反する行為を行わないもの

とします。

3.受講生は、HSJから提供された教材等に関する著作権、特許権、利用許諾契約等を尊重するものとします。万一これに反してHSJあるいは第三者の権利を侵害した場合、受講生の費用と責任において、当該損害を賠償するものとします。

 

第17条(処分)

受講生が本約款に違反し、HSJが注意ないし改善を勧告したにもかかわらず、受講生において改善のない場合は、講座の提供と停止し、又は受講契約を解除することができるものとします。また、当該停止ないし解除により受講生に損害が生じた場合であっても、HSJはこれを賠償する義務を負わないものとします。

 

 

第18条(HSJによる解除)

1.受講生に次に定める事由が生じた場合、HSJは、何らの通知催告せずに、直ちに本約款に基づく契約を解除できるものといたします。

(1)法令または公序良俗に反する行為の恐れがある、もしくは、講師や他の受講生に迷惑を及ぼしスクール運営に支障をきたす恐れがあると甲が判断したとき。

(2)自ら、または第三者を利用して、暴力的行為、詐術、脅迫的言辞、業務妨害行為などの行為をしたとき。

(3)自らが、暴力団、暴力団員、暴力団関係企業・団体、またはその関係者、その他反社会的勢力(以下「暴力団等」という)であることが判明したとき。

(4)自らが、暴力団等でないことに関する相手方の調査に協力せず、または相手方に求められた資料等を提出しないとき。

(5)所在不明、または1カ月以上にわたり連絡不能となったとき。

(6)甲に提出・送信した、乙に関する情報に虚偽あるいは重大な遺漏のあることが判明したとき。その他、乙の甲に対する重大な過失または背信行為があったとき。

(7)本約款に違反したとき。

(8)その他前各号に準ずる事態が発生し、甲が止むを得ないと判断したとき。

2.前項に基づき契約を終了したことにより、乙もしくはその関係者に損害が生じたとしても、甲はこれによる一切の損害賠償責任を負わないものといたします。

 

第18条(個人情報の利用について)

HSJは、受講生から個人情報を取得した場合には、個人情報保護法に基づき適切に取り扱うものといたします。受講生より提供された個人情報について、スクールの運営、弊社からの情報提供以外には使用いたしません。HSJは、法令に定める場合を除き、個人情報を事前に乙本人の同意を得ることなく第三者へ提供することは一切行いません。

 

第19条(免責)

1.HSJは、以下の各号のいずれかに該当する場合には、講座の提供を一時的に停止する場合があり、受講生はこれを免責します。

(1) 天変地異・戦争・暴動・内乱その他の社会的事変、法令の制定・改変、政府による命令・処分

(2)運用上または技術上の理由がある場合

(3)停電、通信設備の故障、講師の死亡・病気、その他天災地変などの不可抗力による場合

2.HSJが提供する講座は、受講生の能力を開発するために提供されるものですが、それにより何らかの成果を保証するものではありません。

3.やむを得ない理由により講師が変更になることがあります。その場合の返金は、一切できません。

 

第20条(紛争の解決)

1.本約款は、日本法に準拠し、日本法に従って解釈されるものとします。

2.本約款に関して、HSJと受講生との間で紛争が生じた場合は、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

第21条(知的所有権)

1.HSJの教材及び指導内容は、当校が独自に開発したものであり、当該教材及び指導内容に係る全ての知的所有権は、HSJに帰属するものであり、受講者は、これらの内容や受講中に配布された全ての教材の、二次使用(複製・変更・改変、第三者への賃貸・貸与・譲渡・担保権の設定等)をすることは一切できません。

2.受講者がこれらの行為を行った場合、HSJは契約を解除することができるものとし、HSJは、受講者に対して当校が被った損害について賠償請求できます。損害賠償請求できる権利は、HSJとの契約の終了若しくは解除、またはキャンセルに拘わらず存続します。

 

第22条

(約款の変更)

本約款は、事情により告知なしに変更されることがあります。

 

 

【お問い合わせ・相談窓口】

株式会社ホームステージング・ジャパン

電話 03-6433-3518

メール info@homestaging.school

FAX 03-6433-3519

〒140-0002

東京都品川区東品川2-2-4

天王洲ファーストタワー 3階

営業時間:月曜日~土曜日: AM 10:00 – PM 17:00