ホームステージャーとは、不動産物件をより早く・高く売却できるよう、ホームステージャーが内見に来られた方へ良い印象を持ってもらえるよう、物件演出のサポートをします。購買層(ターゲット層)に合わせて家具や装飾品で演出するだけではなく、リフォーム・補修・クリーニングなどのアドバイスも行い、第一印象を良くすることで不動産売却をより円滑に進めます。不動産売却のためのビジュアルコンサルタントの位置づけであると考えられています。

海外では、ホームステージャーは職業として確立しており、物件を売却する時は、ホームステージャーに依頼することが一般的です。

ホームステージャーに必要なスキル

私たちはプロのホームステージャーは以下の6つのスキルが必要だと考えています。

不動産の知識

不動産売買するにあたっての基礎的な流れ、知識など

保存

インテリア/家具 レイアウト力

インテリアコーディネート知識、家具の知識、家具サイズの知識など

保存

ディスプレイ/演出力

VMDの知識、テーブルセッティング、フラワーコーディネート、カラーコーディネート、照明セッティング、ファブリックの知識など

保存

ビジネス/コンサルティングスキル

購入ターゲットを想定する力、ヒアリングから最適なプランの決定する力、PRやマーケティングの知識など

保存

チーム/ディレクション力

チームビルディング、チームメンバー選定、ディレクションスキルなど

保存

トレンド収集力

最新トレンドの把握、トレンド収集サーチ能力など

ホームステージングはインテリアコーディネートとは違います

「ホームステージング」とは、売却する予定の物件に家具や小物で演出し買い手により良い印象を与え、売却を円滑に促すためのサービスです。
お客様の趣味や好みをメインにデザインするインテリアコーディネートとは違い、ホームステージャーが物件の購買層を意識し、「売れる物件」をコーディネートします。

ファミリー物件と夫婦・カップル向け物件のコーディネートは全く違います。

ホームステージャーの仕事例

●物件調査

物件エリアを調査します

街の特性/住んでいる人の特性
エリア特性(環境など)
ロケーション
アクセス(駅からの距離)など

物件を調べます

物件状態確認
リフォーム・クリーニングなどの必要性
サイズ確認・採寸
ターゲット層からの家具イメージ設定
明るさ確認、照明・電球の有無
カーテンの必要性
搬入経路
オーナー様との打ち合わせ(イメージ、予算など)
不動産会社、管理人会社との打ち合わせなど

●プラン/メンバー選定/資材選定

プランニング

ターゲット層にあわせたプランを作成し、クライアントやチームメンバーに共有します

メンバー選定

カメラマン、搬入スタッフ、クリーニング・補修業者、リフォーム業者、ホームステージングする広さによっては、ヘルプのホームステージャーなどプランに合わせてスタッフ手配、指示を行います

資材選定

家具や装飾小物類をプランに合わせて選定し、準備します
必要であれば、仕入オーダーなども行います

●当日セッティング作業

関係者へのご挨拶

オーナー様、不動産会社からのカギのお預かり
管理人、物件周囲の方へのご挨拶
車両駐車位置への誘導など

設置・コーディネート

物件状態を確認後、家具設置レイアウトなどを行い、小物類で演出をしていきます

お部屋の撮影

カメラマンにコーディネート後の撮影を行ってもらいます

保存